レビューをレビューするとは?

 

読者は創作物を印象批評から文献的批評といったさまざまな方法で勝手気ままに好き勝手に言いながら評価を下す。なかには口汚く罵ることもあるだろうし、範囲をひろげ制作者にも言及し怒りをぶつけることも少なくはないと思う。

しかしその言い分が不当、もしくは評価が不適切、レビューが低品質だったとしても「批評・批判」されないことが多い。それはレビューが「創作物」だと見做されていないから、あるいは見逃されているからだろう。本サイトはそういった批評批評文化の形成をすこしでも担っていければいやごめん本当はそんな事考えていない。

なんとなく批評批評とはどういったものか興味が出て開設してみたというだけになる。(最近は飽きてしまったので全く活動していないがリクエストあればどうぞ)

 

またこの "レビューレビュー" を受けて「個人の感想だろ!」「好きに言わせてくれよ!」「お前は嫌いかもしれないが好きな人だっているんだ!」「嫌なら見るな!」「そんなに嫌ならお前が書け」「レビューをレビューするとか暇なわけ?」という文句はあなたが書いたその「レビュー」にそっくりそのままお返しする

もちろん"オープンスペース"に創作物を公表"したならばそれは他の読者が読むものだしまた評価を下されるものだ。そしてそれが嫌ならばチラシの裏にでも日記帳にでも書いて人目を忍んで自分だけ見られるようにすればいいと思う。

あなたが(そして私が)レビューしているアニメなり小説なりなんなりもまた、そのような批判・誤読を一身に受けている事を実感として理解できるに違いない。

またここでのレビューレビューに、さらなるレビューを下すのもまた自由なので気の向くままにやって頂ければよい。どこがどうダメなのか、どこがどう良いのかの説明はするので、それが不当であれば批判を加えてもらえればよい。

ちなみにここで採用している最高評価は★★★★★であり、最低評価は★である。